身長が伸びない

身長が伸びない低身長になる原因とは?

悩んでいる子供の絵

 

身長が伸びない原因としては、

  • 病気によるもの
  • 体質によるもの
  • 生活習慣によるもの

と言ったような原因に分類することが出来ます。

病気が原因で背が伸びない理由

 

病気の原因としては、ホルモンや染色体の異常骨や軟骨臓器(心臓、肝臓、腎臓、腸などの病気)の異常などがあります。

 

子供の身長を伸ばす為には、成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどの不足が原因になる事がありますが、この2つのが原因の場合には治療が可能です。

 

染色体の異常とは、ターナー症候群などを言います。また、生まれたときが小さいのが関係しているSGA性低身長や軟骨無形成症などが原因になることもあります。その他にも心臓や腸、腎臓、肝臓などの内臓の病気が背が伸びない原因になっていることもあります。

 

このような病気の場合には、専門医に相談する必要があります。子供の成長は早いです。治療が出来る病気が見つかった場合には、早期であれば、治療効果も高くなる傾向があるので、早めに病院で相談するのがオススメです。

 

 

体質が原因で背が伸びない理由

体質が原因で身長が伸びないで、低身長になるケースもあります。具体的には、重いアレルギーや病気などが原因で、食べるモノが制限されているケースです。

 

また、体質的に元々、食欲があまりなく小食な子供の場合には、成長期の小学生や中学生の時期に、十分に必要な栄養が取れないことによって、背を伸ばす事ができないケースもあります。

 

このような場合には、無理に食事を取らすことも難しいと思いますので、子供が飲んでも大丈夫なサプリメントなどで、身長を伸ばす為に必要な栄養素を補うなどの方法があります。

 

生活習慣が原因で背が伸びない理由

生活習慣によっても身長が伸びにくくなる原因になる事があります。具体的には、

  • ストレス
  • 夜更かし
  • 不十分な睡眠
  • 運動不足
  • 食事の栄養バランスの悪さ

などです。

 

 

ストレスや夜更かしの原因の理由

子供の場合は、学校が終わった後も塾や習い事などで遅くまで勉強が強いられている子供や学校でのイジメや人間関係などによって、ストレスを溜めている場合があります。

 

また、スマホや携帯型ゲーム機などの普及によって、夜遅くまで起きている子供も増えています。このようにストレスや夜更かしが原因で身長を伸ばす為に必要な成長ホルモンの分泌を妨害している可能性があります

 

不十分な睡眠が原因の理由

さらに、夜更かしをすることで、睡眠時間が少なるなることによって背を伸ばす為の成長ホルモンの分泌が減っている事もあります。

 

運動不足が原因の理由

身長を伸ばす為には、飛んだり跳ねたりするような運動をするのがオススメです。運動をすることにって、骨に適度な振動を与えることで、骨の成長が促進されます

 

ただし、筋トレなど筋肉を必要以上につけすぎるような運動を過激に行い過ぎるような運動は、身長を伸ばすのを阻害するので注意が必要です。

 

食事の栄養バランスの悪さが原因の理由

食事は子供の背を伸ばす為には重要です。最近では、共働きの家庭が増えているので、シッカリと栄養が取れる食事を作るのが昔と比べると難しい環境になっているかもしれません。

 

また、夜遅くまで塾で勉強する為に晩御飯は手軽にコンビニで済ますようなケースもあるかもしれません。

 

 

背を伸ばすために必要な栄養

 

身長を伸ばすために特に取っておきたい栄養成分とは、一般的には、「タンパク質」、「カルシウム」、「マグネシウム」、「亜鉛」です。もちろん、このほかにも炭水化物やビタミンなどの栄養も必要ですよ。

 

一般的に知られている背を伸ばす為に必要な栄養成分とは、このようなモノになります。

 

しかし、「アルギニン」という栄養成分も身長を伸ばす為には必要である事も最近、分かりました。

 

アルギニンは、豚肉や鶏肉に多く含まれている栄養成分ですが、食事だけで摂取しようと思うとかなり大量に食べないといけないので現実的には食事のみでアルギニンを必要な量を摂取するのは難しいです。食事だけでアルギニンを取ろうと思うとカロリーオーバーになってブクブクに太ってしまいますね

 

その為、サプリメントでアルギニンを補うのがカロリーオーバーにならないので安心です。

 

 

 

>>>アルギニンのサプリメントについての詳細はコチラのページ…