アルギニンの副作用

アルギニンの副作用とは?

ここでは、アルギニンの摂取時の副作用について紹介します。

 

アルギニンの摂取方法としては、基本的に

  • 食事からとる
  • サプリメントで補う

といった2つの方法があります。

 

ここでは、アルギニンを摂取する時の「食事」「サプリメント」の両方からの摂取を行うときの副作用などの注意点を紹介します。

 

 

食事からアルギニンを摂取する場合の注意点・副作用

食事からもアルギニンは摂取できます。しかし、食事でアルギニンを摂取する時の注意点、副作用としては、カロリーオーバーになる可能性がある点です。

 

アルギニンを含む食品を食事に取り入れるのは良いことですが、特に子供の身長を伸ばす為に必要になるアルギニンの摂取量を確保しようと思った場合、かなり多くの食品を食事で取る必要があります。

 

この為、食事でアルギニンを含む食材をとりつつも、食事だけでアルギニンを摂取しようとは思わない方が良いです。

 

カロリーオーバーになると身長が伸びにくくなる可能性もある

子供の身長を伸ばす為に、食事からアルギニンを大量に摂取してカロリーオーバーになると、肥満、メタボになる可能性があります。

 

もしも、子供が肥満になると、成長期が早く終わる可能性が高まります。この為、子供の成長期が早く終わり、大人になったときの最終身長が低くなる可能性があるので注意が必要です。

 

 

サプリメントで補う場合の注意点・副作用

サプリメントでアルギニンを摂取することで、カロリーオーバーを予防することができます。ただし、アルギニンのサプリメントの種類によっては副作用を注意する必要があります。

 

アルギニンのサプリメントの副作用とは?

アルギニンのサプリメントを利用する場合は、輸入品などの純粋なアルギニンのみが配合されたサプリを使う場合は注意が必要です。

 

元々、アルギニンは、強アルカリ性です。この為、純粋なアルギニンをサプリメントなどで摂取する場合は、胃に負担がかかり、胃痛や嘔吐などを起こす可能性があります。

 

もしも、アルギニンのサプリメントを飲む場合は、クエン酸などの酸性の成分が配合され、強アルカリ性のアルギニンを中和している商品を選択するのが大切です。

 

中和されている事で、腹痛などの胃腸を傷める副作用を予防することができます。

 

 

ドクターセノビルはどうなのか?

アルギニンが配合されているサプリメントは、強アルカリ性なので注意が必要です。

 

では、ドクターセノビルはどうなのでしょうか?

 

もちろん、子供が飲むものなので、クエン酸が入っているので、胃を傷める危険性がないように作られています。

 

 

 

ドクターセノビルにクエン酸は配合されているのかチェックする >>> ドクターセノビルに配合されている主要な成分一覧